木多崇将「人を笑わせる会話術」の内容

「人を笑わせる会話術」って?

 

   コミュニケーションや笑わせることにセンスは必要なかったんです!
   パターンにあてはめるだけで、こんなに笑ってもらえるなんて。

 

   人を笑わせる会話術,木多崇将,レビュー,評価,内容,評判,やり方,口コミ

 

 

 

人を笑わせることができれば・・・
友達がたくさんいて、理想的な恋人ができて、仕事も充実している人生がおくれるんです!

 

   人を笑わせる会話術,木多崇将,レビュー,評価,内容,評判,やり方,口コミ

 

 

初対面でもすぐに会話が弾むと、口コミサイトで評判の「人を笑わせる会話術」とは?

 

   人を笑わせる会話術,木多崇将,レビュー,評価,内容,評判,やり方,口コミ

 

 

もしかするとあなたは・・・

・ とにかく、初対面の人とスムーズにトークできるようにしたい
・ 友達と話しているときも劣等感を感じ続けている
・ 人を笑わせることができるようになって、友達をたくさん作りたい
・ 面白い会話をしてもっと円滑なコミュニケーションが取りたい
・ 女の子を笑わせて、モテる男になりたい
・ 人を笑わせることで、仕事を円滑に進めたい

こんなふうに思っているかもしれませんね。

 

そして、
自分の周りで、いつも大勢の人が集まってきたり、喋りの面白い友人が喋っているのを見た時、
「自分もあんな風ににできたら、きっと人生も大きく変わるはず。」と思っているのではないでしょうか。

 

そんなあなたに、他人とのコミュニケーションをスムーズに進める事ができるようにマニュアル化されたプログラムが
木多崇将さんの教材「人に好かれる会話術」です。

 

 

会話が弾む

もし、

 

初対面の人が相手でもスムーズに会話ができ、

 

笑いまで生み出すような具体的な方法論があるとしたら、

 

知りたいと思いませんか?

 

 

 

コミュニケーションのとり方が上手い友達や、まわりをいつも笑わせている人間をみていて
「人を笑わせるためには、頭の良さや頭の回転の速さが必要」
「笑いを取るには、センスや才能が必要だ」と思っているかもしれません。

 

でも、こういった会話ができるようになるためには生まれつきのセンスに左右される物ではないんです。練習すれば、誰でも笑いまでも取れるようになります。

 

当サイトは、『「人を笑わせる会話術」のレビューと評価【教材公開】』と題して、会話コンサルタント 木多崇将さんが開発した、ユーモアと笑いが短期間で身につく会話テクニックをまとめた教材をレビューしています。

 

一体どうしたら、他人を「クスッ」と笑わせ、コミュニケーションを円滑に進められるよになるのか?
果たして、会話が苦手な人間にも実行可能なのかをできるだけ公正に評価していきます。

 

また、すぐにできる方法か?デメリットは?向き不向きは?など、あらゆる角度から解説します。

 

もし、本気で他人を笑わせることが出来るようになって、もっと豊かな人生や友達、彼女をゲットしたいとお考えならば、もう少しだけおつきあいくださいね。

 

 

コミュニケーションのとり方を今すぐ、見たい場合はコチラ ↓

 

木多崇将の『人を笑わせる会話術』

「人を笑わせる会話術」の概要

■ 教材の監修者

 

木多崇将

木多崇将(きた たかまさ)

 

木多崇将(きた たかまさ)さんは、会話コンサルタント、恋愛コンサルタントとして、精力的に活動されています。

 

現在はその道のスペシャリストとなっていますが、20代前半までは内気で会話に自信の無い若者だったようです。当然、「シャイで口ベタ…」で「見知らぬ人間との世間話なんてとんでもない!」といった性格だったそうです。

 

そして、会話が苦手な自分の性格を克服しようと、心理学を始めとして、会話術やNLPを学習しましたが、これらの技術を習得しても、他人との会話に関しては少しも変わらなかったといいます。

 

そんな時に、偶然参加したある恋愛セミナーで、ひとりの講師に出会い、自分の求めていたものがそこにあると直感し、住所もそれまで住んでいた大阪府から、講師が住んでいる石川県に移します。

 

3年間をかけて恋愛術、会話術、コミュニケーションスキルなど、講師の様々な会話理論を吸収し、「この理論は、もしかすると、恋愛に関する会話だけではなく、人間関係全般の会話にも共通したメソッドではないだろうか?」と考えた木多さんは、それをまとめた「人に好かれる会話術」を2009年にリリース。

 

ネット上でその効果がクチコミで広がり、現在までに800名以上の方が教材に参加しています。
「人に好かれる会話術」(当サイトのレビューページに移動できます)は、相手との会話のキャッチボールをはずませる為には、聞き上手になるだけではダメで、自分の方も一流の情報発信者になる必要があると主張している点が特徴です。

 

「人を笑わせる会話術」は、木多さんが構想3年、開発期間1年かけて作り上げた教材で、年齢や性別に関係なく結果がでるように、小学5年生程度の学習レベルで理解できるよう、テキストにまとめたものです。

 

■ 教材のポイント

 

・ 相手を笑わせるだけでなく、好印象を持ってもらえるようになる。

 

・ 才能やセンスがなくても、人を笑わせる事は可能。なぜなら、パターンがあるから。

 

・ 笑いを取るための王道パターンは27パターン。

 

・ 平凡な話を”面白い話”に変える簡単な方法がわかる。

 

 

■ 教材の内容

 

● 本編

 

「人を笑わせる会話術」PDFのテキスト290ページ

 

人を笑わせる会話術のpdf

 

● 特典

 

1. 1年間のメールサポート付き(メール回数は無制限)
2. 返金表制度あり

 

 

 

「私にはユーモアセンスがありません。どうすれば人を笑わせたり、面白い話ができるようになるんですか?」
こういったことを悩んでいるあなたが、笑いをもとに他人とのコミュニケーションが上手くなり・・・

 

・ たくさん友達を作れるようになる
・ ママ友とうまく付き合えるようになる
・ 理想的な恋人をみつけ、つきあえるようになる
・ 幸せな結婚相手を見つけることが出来る
・ 接客や営業など、仕事に役立てることが出来る
・ 会社の人間関係を円滑にすすめられるようになる
・ 人気者になれる

 

といった、生きている楽しみを感じられるような人間に変えてくれるプログラムが、
木多崇将さんの『人を笑わせる会話術』です。

 

 

 

人を笑わせる会話術の公式サイト

 

 

なぜ、人を笑わせることができる?

■ 人を笑わせることは難しくない

 

木多さんはハッキリと「笑いにセンスは必要ない!」と断言しています。
それは、人を笑わせるにはパターンがあるからだといいます。

 

人を笑わせるためのパターンは、全部で27パターン。

 

人を笑わせる会話術の公式サイト

 

もし、人を笑わせてコミュニケーション能力を高めたり、人気者やモテるようになりたいとこのサイトをご覧いただいているあなたには「そんなの覚えなきゃいけないの?」と思ったかもしれませんね。
もちろん、多く知っている方がバリエーションは生まれるかもしれません。

 

でも、たとえば芸人さんを思い出しても”芸風”と言った物があるように、あなたの得意なパターンを作ってしまえばいいんですね。

 

自分なりのお笑いのパターンと作るためには、教材の中で説明されている”笑わせるパターン”の中から、すぐにできそうなものを3つ選び出し実践するだけです。
これだけで、あなたの印象を「面白い話をする人、頭のいい人」という印象に激的に変えることが可能なんです。

 

 

■ 笑わせることは”ネタを作る”ことではない。日常にある!

 

他人との会話に”笑い”が必要と感じた時、「自分には人を笑わせるようなネタはないよ。」と思ってしまいますが、実は、毎日の生活にはおもしろいことがいっぱい転がっているんですね。

 

あなたは今まで、それを”笑いのもと”としてはみていなかったので、自分にはセンスがないから笑いを取るのは無理だと勘違いしているんです。

 

「人を笑わせる会話術」の第2章は、27個の笑いのパターンが解説されていますが、第3章では平凡な話を”面白い話”に変える簡単な方法も紹介されています。

 

著作権ギリギリで一部を紹介するならば、たとえば”表情”です。

 

表情は大切

 

たとえば、人に話しかけられやすい人とそうでない人の違いは、「いつも笑顔でいる」とか「明るく挨拶をする」など単純なことなのに、話しかけづらく見えている人は、意外と本人は気づいていないものです。

 

これは、知っているか知らないかのテクニック的要素が強いので、明日からでもすぐに実践できる簡単な方法です。

 

こういった技術がこのプログララムでは紹介されていますので、最初のうちは少し意識することで自然に身につくようになるんです。

 

 

人を笑わせて、人気者になる方法はコチラから移動できます。

「人を笑わせる会話術」のレビュー

■ プログラムの詳細

 

木多崇将さんが開発した「人に好かれる会話術」の本編テキストの内容や、
笑わせる会話術やポイントを、くわしくレビューしていきますね。

 

◆ プログラムの構成

 

 

目次

第1章:この教材の学習手順と心構えについて(P5-P21)

第2章:27個の笑いのパターン(P22-P202)
コラム:不安感を解消する方法(P203-P209)
第3章:面白い話をする方法(P210-P278)
コラム:相手を不快にさせた時の対処法(P279-284)
最後に・・・ (P285-P286)
付録 27 個の笑いのパターン一覧表(P287-289)

 

 

 

◆ 第1章:この教材の学習手順と心構えについて(P5-P21)

 

まず、第1章は「人を笑わせる会話術」を使っての学習の仕方が説明されています。

 

教材の進め方

 

このように自分の出来そうなものからトライしていき、実際に試しながら最終的には27個を自分のものにするように説明されています。

 

ただ、手引書のような章に、なぜ16ページも割いているのか?

 

それは、きっとプログラムを試している時に感じる疑問の解決法が書かれているんです。
そういう意味で”心構え”という部分があるのですが、この心構えはこの教材を試すためだけでなく、さまざまなシーンで使える”心の持ち方”です。
精神的に強くなれる簡単な方法が解説されているんです。

 

木多将貴さんは「精神的な弱さを改善する方法フルパッケージ」(当サイトのレビューページに移動できます)という教材もリリースされていますが、会話コンサルタントとして様々な人と接した経験に基づくアドバイスなので、この章で解説されている心構えはあなたの心に届くのではないでしょうか。

 

 

 

◆ 第2章:27個の笑いのパターン(P22-P202)

 

第2章から、本格的に27パターンの人を笑わせるテクニックの説明がされています。
まず最初は、ひとつのパターンでをマスターすることで、これからどんな風に役立つのかが書かれています。

 

笑いの目的

 

もちろん、この教材は「人を笑わせる・・・」という内容で開発されていますが、人を笑わせる目的は・・・
「コミュニケーションがうまく取れるようになりたい」
「人気者になりたい」
「彼女を作りたい」
「初対面の人とすぐに打ち解けたい」

など、人によってさまざまではないでしょうか?

 

つまり、ひとつひとつの笑いのパターンが、あなたのどんな状況に役立つのかが説明されているんですね。

 

そして・・・

 

笑いのパターン1

 

このように、これからマスターすべきパターンが提示されていきます。

 

さらに、このテクニックを使っての会話の実例がいくつか紹介されるので、どんなシーンで活用できるのかの具体的なイメージがしやすくなっています。このあと、残り26パターンについても同様に展開されています。

 

このページの下で「人を笑わせる会話術」の感想と評価でもお伝えしていますが、この教材は”笑わせる”をテーマにして「あなた自身の内面をブラッシュアップさせる」ことを目的にしているように感じました。

 

笑いの27パターンは、テクニックだけ披露されているだけではないのです。

 

 

 

◆ 第3章:面白い話をする方法(P210-P278) 

 

第2章までが普段の会話の中でのトークのころがし方だとすれば、第3章は相手に新たな話題の提供をする方法や、話題の作り方のテクニックというイメージです。

 

・ どうして面白い話(話題)ができないのか?
・ 面白い話(話題)ができるようになる最大のコツ
・ 面白い話をさらに広げるテクニック

 

これらをテーマにして、13項目に分けて解説されています。

 

実は、個人的に13項目の中で注目したのが、「(12)自宅で出来る。とっておきの練習方法」です。

 

自宅練習法

 

この練習法は、笑いに限定したものではなく、仕事で行き詰まったときや自分に新しいものを取り入れようとする時に効果的な練習法だと思います。

 

もちろん、難しさはゼロです。

 

その方法を著作の関係でお見せ出来ないのですが、かなり使える実用的なものです。

 

 

人を笑わせて、幸せになる方法はコチラから移動できます。

「人を笑わせる会話術」の感想と評価

● ”笑い”は、他人も自分も幸せにしてくれる

 

木多将貴さんの「人を笑わせる会話術」のレビューをお届けしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

人笑わせて成功する

 

こちらは第1章に書かれています。

 

お伝えしてきたとおりこのプログラムは、人を笑わせることであなた自身の評価がグッと上がることを目標として開発されました。

 

そして、開発者の木多さんは会話コンサルタントとしてご活躍され、「人に好かれる会話術」「精神的な弱さを改善する方法」「孤独にならないための友達の作り方」など、人間関係のコンプレックスを克服するための教材を数多くリリースし、いずれもロングセラーを記録しています。

 

そのため、この教材でも単なる”笑い”をとるためのテクニックの伝授だけでなく、心構えや考え方が示されています。

 

この点がほかの教材と違うところで、現代社会で一番必要とされている”コミュニケーションを円滑にすすめる”ための方法がわかるため、290ページという膨大な量になっていると感じました。

 

もし、あなたがお笑い芸人のような”笑い”を求めているような場合はハッキリいってオススメできませんが、”クスッ””この人面白い人””一緒にいて楽しい人”などの人間になりたい場合はピッタリの内容です。

 

人笑わせて彼女をゲット

 

やはり、気になるのは決して安くはない価格です。

 

そこで、価格に見合っているかどうかの判断になるのが、テキスト内容のみならず、サポート体制と自分にあっているものかどうかです。

 

まずサポート体制ですが、このプログラムには1年間の回数無制限のメールサポートがついています。木多さんのメールサポートの迅速さと丁寧さには定評がありますし、会話コンサルタントという専門家である木多さんに個別にアドバイスをもらえるのは大きなメリットです。

 

では、自分にあっているかどうかですが、これは実際に内容を実践してはじめてわかることなので現段階では判断がつかないのはムリもないことです。
木多さんもそのあたりを考慮して、「全額返金保証」を用意してくれているんですね。

 

万が一、効果が感じれなかった場合は簡単なレポートを提出するだけで全額返金に応じてもらうことが出来ますから、
そういう意味では金銭的なリスクは取り除かれていると考えてもいいのではないでしょうか?

 

ちょっとしたことで、友達がたくさんでき、理想の恋人も作れ、
仕事もうまく行くようになるんです。

 

 

 

人を笑わせる会話術の公式サイト